デジタルジュエリー®実践会 開催!

ジュエリーCADと3Dプリンタを掛け合わせジュエリーリフォームオーダを素早く確実に受注するための実践会です。

新型コロナウイルスが大きな影響を出している今、お客様は外出も控えることになってきます。

これまで出かけて行った外商がニッチモサッチモ動きが取れない…。

こういう時にはショップにいながら攻めの方法を生み出さなくてはなりません。

じっとしている事も有りだと思いますが、まだどこも取り入れていないデジタル手法を学んでみるのも手だと思います。

 

リフォームはカタログから選び他店と差別化が出来ない。

出来上がりのイメージがしにくい。

出来上がりに不安がある。

出来上がりとイメージが違う。

ジュエリーリフォームにおいては少なからず問題が潜んでいるものです。

 

今回ご紹介する

「デジタルジュエリー®実践会」は冒頭のご説明のように

不安を取り除き、安心を武器にするジュエリーリフォームオーダを素早く確実に受注するための実践会です。


ーデジタルジュエリー®実践会 開催!ー

【日時】3月3日/10日/17日 それぞれ火曜日開催 ➀10:00~12:00 ②13:00~15:00

【場所】香川県高松市今新町7-8 美術館通り;(株)エファーナ

【TEL】087-823-2280

【定員】5 名(1名でも開催します。)

【参加費】無料 ※要予約

下記のお問い合わせフォームにてご記入くださいませ。

↓↓↓↓↓

ー内容ー

●デジタルジュエリー®について。

●ジュエリーCAD:JCAD3(純日本製ジュエリーCAD)について。

●3Dプリンタについて。Nobel1.0A/Da Vinci jr(XYZ社)

●オーダーや顧客とのやり取りの方法。

●ジュエリーデザインの仕方

●3Dプリンタの使い方。

●SNSへの発信の仕方。

●デジタルジュエリー®プロ講座

●質疑応答

※実際にジュエリーCADで指輪をデザインし、3Dプリントします。

 


急速に広がりを見せているデジタル化はジュエリー業界でも見逃せなくなってきています。

ジュエリー製作に3Dプリンタ/3DCADを用いる小売店はまだ少数派ですが、世に出ている

ジュエリーの7~8割はもう既に3D-CADで作られていると言われています。

一部の工場においてオペレーターが扱っているデジタル機器こそクライアントの前で操作する

ことでさらに発揮する技術です。

その昔、アップル創始者スティーブジョブスがIBMに対抗するためにゼロックスの研究所で見た

「マウス」の技術に目を向け開発パソコンに実装した経緯こそ同じ事例です。

今後10年、20年先のジュエリービジネスを考えるならば、デジタルを総合的に取り入れることのみ

が最優先課題じゃないでしょうか。 店頭での接客で3Dのデザイン画や、1時間ほどの接客中に

3Dプリントしたり、究極はバーチャル試着で商談成立になればどうでしょう。

お客様は新しい提案や斬新な事に敏感で、不安のない安心できるジュエリーリフォームにきっと興味を

持ってくれるはずです。

オーナー自らが自由自在に操れる小売店はまだ少ない今だからこそ、熱意と労力を注ぎ込むに値する

デジタルジュエリー®の技術を紹介したいと思っています。

これからのジュエリービジネスに無視できないほどに大きくかかわってくるデジタル。

今起こっている最新のデジタルジュエリー®手法にふれる機会です。

どうぞお気軽にご参加いただけます。